医療用ウィッグとは

Pocket

ガンはその治療に抗がん剤の投与を行うことが一般的です。それだけ癌の治療には一定の効果が期待できる治療法ではあるものの、髪の毛が抜け落ちてしまうなどの副作用もあります。しかし、命に代えることはできませんので、やむをえずそうした治療法を選択する方は少なくありません。そのような方にとって、医療用ウィッグと呼ばれるかつらの利用は治療期間中における精神的なストレスを和らげるために大きな役割を果たしているのです。

ウイッグ治療期間中という一時的な仕様とはいえ、医療用ウィッグの品質は常に高められています。平成27年にはJIS規格が制定されました。こうした規格が制定されることによって、頭皮に接触する部分の皮膚刺激数や、使われている材料による有害物質の検出、さらには耐久性の性能などが細に決められました。そのためこれまでは決まった基準のない状態で作られていた医療用ウィッグが、一定の品質を保つことができるようになったのです。これからも医療用ウィッグは治療の経過によるサイズの変化や、使用している中でも頭皮を十分に保護するような作りなど、改善のためのさまざまな工夫がされていくことでしょう。がん治療と言う大変な事態に面すると、大きなストレスがのしかかるものですが、そうしたストレスを軽減するためにこうした医療用ウィッグの働きは決して小さなものではないのです。どのような方にとっても自分に最適な医療用ウィッグを選べるような幅広い選択肢が今後はますます期待されていくことでしょう。