未分類

いつから準備すべきか

ウイッグまた医療用ウィッグを購入するタイミングですが、抗がん剤による治療が決定し、その副作用が予想できた時点で、早めに注文をすることがおすすめです。なぜなら実際に毛が抜けをし始めてから医療用ウィッグを購入しようとすると、大きな精神的なストレスの中でいろいろと購入のために行動しなければならず、気持ちの余裕が持てなくなってしまう可能性が高いからです。しかし予め髪の毛が抜け落ちることを予想して、医療用ウィッグを購入しておくと心に余裕ができ、ストレスを大きく軽減することができるでしょう。

また現状の自分のヘアスタイルと見せた形に作るのか、それとも治療期間中は一気にイメージを変えて気分転換を図るのかという点も考慮しておくと良いでしょう。医療用ウィッグの中には帽子が初めから付いているタイプなどもありますので、治療期間中どのタイプのウィッグが一番ストレスを軽減させてくれるのか、自分のニーズを分析しておきましょう。また価格は高くなってしまいますが人毛で作られた医療用ウィッグもありますのでより一層自然の髪の毛の質に近づけたいという場合には、そうした選択肢を選ぶこともできます。ただ注意したいのがかなり自分の要望を実現するためのフルオーダーにしてしまうと、制作日数も一か月ほどかかってしまうことや、価格帯も大きく跳ね上がってしまうといった点に注意しておきましょう。

メンテナンスの仕方

また抗がん剤による副作用の見られる一時的な利用とはいえ、治療期間中はずっと使用したい医療用ウィッグですが、こまめにメンテナンスをすることによって美しい状態を保つことができます。医療用ウィッグのメンテナンスは普通の髪の毛と同じように単にシャンプーで洗えば良いというわけではありません。ウィッグに応じてさまざまな手入れをきちんとする必要があるのです。

ブラシまず注意したい点があまり強い成分を含むシャンプーを使わないということです。強い成分を含むシャンプーを使ってしまうとウィッグに含まれている油脂やスタイリング剤を落としてしまう原因となりかねません。せっかく綺麗になっても自分の思うようなスタイリングができなくなってしまうと、ウィッグとしての価値が大きく下がってしまうことでしょう。さらに医療用ウィッグで使われている髪の毛は人工毛ですので、毎日きちんとブラシをかけることが必要です。ブラシをかけることによって縮れ毛を防ぐことができます。逆にブラシをかけないでいると人工毛特有の毛の縮れができてしまいます。このように医療用ウィッグならではのメンテナンス方法というものをよく把握し、それを丁寧に毎日実施していくことが長持ちの秘訣と言えるでしょう。

医療用ウィッグの価格帯

これまでは抗がん剤治療で頭髪が抜け落ちてしまう副作用に面すると、帽子やバンダナまたは普通のカツラっと言った方法でそれをカバーすることがひどくなされてきました。しかしながらやはり抗がん剤治療を行う前と比べると、容姿が変わってしまうため、それによるストレスが治療の効果を薄めてしまうことも懸念されています。

お金医療用ウィッグの価格帯もその性能によってさまざまです。通販などで簡単に購入することのできるタイプであれば、約1万円から10万円と板価格帯で購入することはできます。しかしながら基本的にサイズ調整やスタイルに合わせたカットなどには対応していません。ですから患者一人ひとりのニーズに沿った自由度は低いと言えるでしょう。店頭販売の場合には約3万円から30万円と広い価格帯の中から自分に合ったものを選べるようになります。店舗によってカスタマイズできる幅も異なるため、ニーズに応じて選ぶと良いでしょう。店舗と同じような形式でありながら、多くの場合自宅や病院への訪問サービスも行っているのが美容室を併設した専門店です。専門店であればより一層幅広いニーズに応じたサービスが提供できますし価格帯も5万円から30万円ほどと幅広い中から選ぶことができるでしょう。

医療用ウィッグとは

ガンはその治療に抗がん剤の投与を行うことが一般的です。それだけ癌の治療には一定の効果が期待できる治療法ではあるものの、髪の毛が抜け落ちてしまうなどの副作用もあります。しかし、命に代えることはできませんので、やむをえずそうした治療法を選択する方は少なくありません。そのような方にとって、医療用ウィッグと呼ばれるかつらの利用は治療期間中における精神的なストレスを和らげるために大きな役割を果たしているのです。

ウイッグ治療期間中という一時的な仕様とはいえ、医療用ウィッグの品質は常に高められています。平成27年にはJIS規格が制定されました。こうした規格が制定されることによって、頭皮に接触する部分の皮膚刺激数や、使われている材料による有害物質の検出、さらには耐久性の性能などが細に決められました。そのためこれまでは決まった基準のない状態で作られていた医療用ウィッグが、一定の品質を保つことができるようになったのです。これからも医療用ウィッグは治療の経過によるサイズの変化や、使用している中でも頭皮を十分に保護するような作りなど、改善のためのさまざまな工夫がされていくことでしょう。がん治療と言う大変な事態に面すると、大きなストレスがのしかかるものですが、そうしたストレスを軽減するためにこうした医療用ウィッグの働きは決して小さなものではないのです。どのような方にとっても自分に最適な医療用ウィッグを選べるような幅広い選択肢が今後はますます期待されていくことでしょう。